地球以外に知的生物の陣営は?また他の惑星に発展は出来るのか。

つい先日、地球から340光年先に離れた先で、日光が3個もある惑星が発見されたらしき。海外の電波望遠鏡をつぎ込みアリゾナカレッジの組織が探知のが初回。今回は赤外線で惑星を発見したのだが、こういう惑星は大中小の3個の日光が一緒に昇って沈む結果昼夜が変わる時機と、順番に昇って行く時機があるらしき。これは貯まり、昼の温度が激しく暑くなり、夜はそこまで温度が下がらないステップが続いたり、毎日の中でいつも日光が空における状態で断じて暗くならないステップが貫くのである。

今回は日光が連星という2つの星が並ぶ状態で見つかったのですが、元来連星は重力の行いなどで、宇宙にはじき飛ばされるか、どこからの星に衝突して消えてしまう例が多いのだが、今回の事例は物珍しいイベントだとおもう。また地球以外にも日光がある星はいくつも見つかっているが、今回みたいに3個もある星は初めての採掘みたいなので激しい通報だと思いますね。

また宇宙には地球という星が100、日光が1000間近確認されていますが、まだまだ知的生き物の付属は発見されていません。仮に他の惑星に地球以外にも高度の知能を有するアニマルが存在していたら、もう地球に来ていますよね。また地球の今のキャパシティーでは日光内的の惑星に辿りつけても、太陽系外のその他の天体に着くのは相当不可能ので、他の星に行き考察を行うのは我々が生きている間には難しいでしょう。仮に光速ワープキャパシティーやソース燃料に変わる活力を見つける事が出来れば他の星までのクリアチャンスがぐんと早くなるかもしれませんね。家飲み