サンリオ高名パーソナリティの結果

今期で31回目線の開催となる、サンリオ人寄せ性分投票コースの「2016年代サンリオ性分大賞」の結論が都内・ピューロランドを通じて出店されました。

2位のシナモロールといった突破を争っていましたが、最終的には約7万票の間を塗り付け、ポムポムプリンが大立て直し突破の大賞を受賞しました。ポムポムプリンは去年に引き続き大賞に耀きましたが、2年代維持の大賞受賞は俺初だそうです。昨年は本当に18年代風の1前後を獲得したポムポムプリンですが、20周年を迎えた今年も大賞を受賞し、ポムポムプリンの実態は止まらないようですね。

2016年代サンリオ性分大賞の初日速報では1前後でしたが、ミドル出店では2前後として連覇が危ぶまれていたようですね。結果的には2位のシナモロールとの間を押し付け大立て直し突破ですが、どうしても昔から根強い人気のある性分は違う。

因みに3位はマイメロディ、4位はぐでたま、5位はいらっしゃいキティ、アマチュア賞にはリルリルフェアリルってアグレッシブ烈子がランクインしました。

バリエーションは50前後から順番に発表されて赴き、最も5前後から1前後までの出店では、現場がストレスの感想に包まれていたのだとか。ラストに1位の大賞として人名を呼ばれて登場したポムポムプリンは「去年も気抜けだったけど、今年もまたびっくりです」って喜びのお便りをし、「連覇出来た場所、そうして20周年に1前後になれた場所、ちゃんと嬉しいです。うかうかオーソドックスな僕だけど、これからも何はなくともよろしく」というクチコミと興奮を追っかけに伝えました。電子書籍のダウンロード