高い日本酒って一体何がある?

大吟醸 朱金泥能代醸蒸多知について

1800ml:100,000円
アルコール分:17~18度

このお酒は日本酒が苦手な方でも飲みやすく喉越しのまろやかさや芳醇な香りが特徴になっていて口当たりも優しく、豊かな味わいが楽しめるお酒になっています。

栓を開けその芳醇な香りを楽しんだ後、一度口に運べば果実を思わせる香りとまろやかな風味が口いっぱいに広がり至福の時間が約束されるのではないでしょうか。

日本酒が苦手な方もそうでない方も楽しめる一本になっていると思うので価格こそ高価ですが、何か特別な日やお祝いごとがあった際思い切って奮発してみては如何ですか?

きっとそれは特別な時間になることが約束されますよ。

出羽桜 大吟醸 三十年氷点下熟成酒について

1800ml:100,800円
アルコール分:17度

これは出羽桜 桜花吟醸酒30周年を記念して作られたお酒で、マイナス5度の冷蔵庫で30年間じっくりと熟成させているのが特徴。

出荷数も30本と非常に出荷数が少なく希少とされている日本酒になっています。ですのでもし飲めた方はとても運が良いと思います。

吟醸酒ファンで出羽桜を知らぬものはいないと言われるほど有名な蔵元ですが、その出羽桜が放つ魂の逸酒。

それは出羽桜30年の歴史を受け継ぐ集大成と言っても過言ではないでしょう

こちらも非常に高価にはなりますが、日本酒ファンの方なら一度探してみては如何ですか?

十四代 純米大吟醸 大極上諸白 龍泉について

720ml:216,000 円
アルコール分:16度

酒造好適米である龍の落とし子を高精白し限界低温発酵後、雫取り斗瓶囲いしたものを氷温貯蔵し熟成させた最高級のお酒です

ボトルのデザインも中国、明王朝の時代で宮廷で好まれたデザインを格調高く仕上げているのも特徴。入手困難な十四代のお酒の中でも特に手に入りにくい一本となっています。

スーッと自然に入ってくる甘みが特徴でスーッと風に消えていくような洗礼された味わいが特徴となっています。他の十四代のお酒と比べても非常に丸みのある優しいお酒です。

非常に高価かつ入手も難しいのでほとんど口にする機会がないとは思いますが一度くらい飲んでみたいですよね。

以上が高いお酒になります。仕事で成功した時や家族に嬉しいことが合った時はぜひ奮発して上記の日本酒を試してみてはいかが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です