日本酒を美味しく飲むには

皆さんは日本酒のことをどれくらい知っていますか?案外日本酒のことを詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。日本酒のことを人に聞いてみるのもなんだか恥ずかしいし、知らないままで済ませてしまう…そんな方々のために、今回は日本酒を美味しく飲む秘訣を調べてみました。

飲み方いろいろ

世界にはいろいろなお酒がありますが、日本酒ほどいろいろな飲み方が出来るお酒はなかなかありません。
では日本酒には一体どのような飲み方があるのでしょうか。ポピュラーな飲み方から、少しめずらしい飲み方まで紹介したいと思います。

まずは王道と言われている飲み方「冷酒」と「燗酒」です。

「冷酒」は皆さんご存知の通り冷やして飲む飲み方です。温度は7~10℃程度が目安です。
冷酒を楽しむために専用の入れ物もありますが、それがなくても日本酒を瓶ごと冷やしておくだけでも良いのでどんな方でも手軽にできる飲み方です。

「燗酒」はいわゆる熱燗という飲み方で、これも一般的な飲み方の一つです。「燗酒」と一言にいっても、その温度ごとに呼び方が変わってきます。

35℃程度では人肌燗、40℃程度ではぬる燗、50℃程度では熱燗と呼ばれます。

次は「ひや」という飲み方です。これは基本的に常温で飲む飲み方ですが、実は15℃~20℃が正しい温度とされています。

ここからは少しめずらしい飲み方の紹介です。

「みぞれ酒」は-12℃程度まで冷やして凍る寸前の状態の日本酒のことを指します。名前の由来は、グラス注ぐとどんどん凍っていく様子から付いたそうです。

他にもまだまだ飲み方はあります。
日本酒に砂糖と卵を加えたものを「たまご酒」、温めた日本酒にしょうがを入れたものを「生姜酒」、蒸してからすりおろされたニンニクが入っているのが「にんにく酒」です。

このように日本酒にはかなりバリエーション豊かな飲み方があります。
そんな日本酒には一体どのような料理があるのでしょうか。それについても調べてみました。

日本酒に合う肴って?

日本酒と言っても多種多様ですので、もちろんおつまみとの相性の良し悪しがあります。
ですので、日本酒を「吟醸酒系」「純米酒系」「本醸造酒系」の大きく3つに分けて考えてみましょう。

吟醸酒系はフルーティーな香りが特徴ですので、それを活かし、白身魚といったあさっりめのおつまみがおすすめです。

純米酒系はお米の味わいがあるので、味付けがしっかりしたものがよく合います。意外と洋食とも相性が良いですよ。

本醸造酒系は辛口ですっきりとした飲み心地ですので、あっさりしたものからこってり系まで幅広くあいますね。

日本酒は系統によって合うおつまみも全然違ってくることがわかりましたね。
以上、日本酒を美味しく飲むポイントの紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です