日本酒のイメージ

日本酒のイメージ

日本酒といったらどういったイメージを持つでしょうか。私が初めてお酒を飲み始めた20歳の頃からすると、とにかく大人が飲む渋いものとイメージしていました。まぁ日本酒を飲んだことは無かったのですが。

年齢を重ねるに連れて日本酒のイメージって私は変わってきました。今では日本酒が大好き人間になってしまいました。

ではまず日本酒のイメージって世間一般ではどうなってるのでしょう。それをまずは見ていきましょう。

日本酒の世間一般のイメージ

・高価なもの
・保存状態がよくないといけない
・特別な日に飲むもの
・おじさんがよく飲んでそう
・冬にぴったり
・若者が飲むイメージはない
・通がたくさんいる
・悪酔いする

上記のようなものが一般的な日本酒のイメージらしいですね。意識調査が実際に行われたそうです。

私もあまり若者が飲んでるというイメージは無かったですね。現に私が20代の頃飲んでいなかったものですから。

20代の頃の日本酒のイメージ

私が20代の頃の日本酒のイメージですが、上でも書いたように大人が飲む渋いものでした。これは日本酒を飲んだことがない時です。

いざ日本酒を飲んでみると、まずかったですね。こんなの一生飲まないし好んで飲む人の気持ちがよく分からないと思っていました。

周りの友人も日本酒が好きという人はほとんどいませんでしたね。私と似たような意見です。特にお酒が弱い人からすると日本酒なんて飲めたものじゃないですよね。好きと言う人はお酒が強い人だったと記憶しています。

30代の頃の日本酒のイメージ

20代の頃の日本酒のイメージとはうって変わってしまったのが30代になってからです。同僚に日本酒バーと言うところに連れられて行ったのが、私の革命的な出来事だったんです。

日本酒は苦手で一切、口にすることは無かったんですがバーに行くと日本酒しか置いてないので必然的に口にしてしまいます。そこで飲んだのがおいしいと思えたんですよ。

私は特にお酒に弱いという体質では無かったんですが、日本酒だけは苦手と思っていたのに、こんなことってあるのかよと衝撃を受けたのを鮮明に覚えていますね。覚えてるということはべろべろに酔ってなかったんでしょう。

そのことがきっかけで、普段から日本酒を飲むようになり家でも飲むくらいのレベルとなってしまいました。

今でも思います。あの20代の頃は何だったのだろうと。味覚が変わったのか?粗悪な日本酒を飲んだため苦手になったのか?今考えると全く謎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です