日本酒の豆知識

日本酒の豆知識

日本酒と一口に言っても、一世紀頃から始まるその歴史には様々な工夫や知恵が、ふんだんに織り込まれています。

本記事では明日からすぐにでも使える、通も唸る豆知識をご紹介致します。

日本酒の豆知識1

名称

吟醸酒などはお酒を飲まない方にもご周知と思われますが一体、どういう種類なのか?意外と知られていないと思います。

吟醸酒・・・精米歩合(米の精白(精米)の程度を示す比率)が60%以下、醸造アルコールを低音でじっくり発酵させた物を指します。酒質が滑らかで色択も美しく、更に精米歩合が50%以下の物は大吟醸酒と呼ばれます。

純米吟醸酒・・・白米と麹のみで低温発酵、醸造された清酒です。ソフトな香りで味わい深く、精米歩合が50%以下の物は純米大吟醸酒と呼ばれます。60%以下のものは特別純米酒と呼ばれます。

純米酒・・・精米歩合の規定が無い清酒を指します。味わいが深く濃いのが特徴です。

本醸造酒・・・70%以下の白米と麹、醸造アルコールが原料です。
香り、色択が良好です。60%以下で特別本造酒となります。

普通酒・・・精米歩合70%以上、上記以上の醸造アルコール又は醸造用糖類等、添加したものを普通酒と呼びます。糖類を含んでいないものは糖加酒といいます。

生酒・・・通常、日本酒は生成後において2回の加熱処理が行われますが、一切処理を行わないものを生酒といいます。保存に融通が効かず、低温で保存した後に、開栓後は早めに召し上がる必要があります。

生貯蔵酒・・・基本的には生酒と同じですが、出荷の際に1度だけ加熱処理が行われます。生酒の味を楽しめ、保存も便利です。

原酒・・・清酒を絞った後に一切加水をしないものを指します。
通常は20度前後のアルコールを15~16度に加水しますが、原酒は一切加水をしないため、濃厚な味を楽しめます。

日本酒の豆知識2

お酒の温度

日本酒を召し上がる際、「冷や」や「熱燗」などの言葉を耳にすると思いますが、実は日本酒はわずかな温度差で香り・味わいが様々に変化します。その時の料理によって、どれが適温かも変わってきます。

日本酒の豆知識3

昔からある日本酒の美味しい飲み方

鰭(ひれ)酒
フグなどの鰭を焦がしてから熱澗酒を注ぎます。鰭の香味がお酒にうつり、綺麗な琥珀色になるのが特徴です。昔から安いお酒を美味しく飲む手段のひとつとして定着しています。

骨(こつ)酒
焼き魚で肉をとったあとの骨を火で炙り焦がし、熱澗酒を注ぎます。鯛や、イワナ・鮎などが主に使われます。口当たりが良く、スープのような味わいが楽しめます。

卵酒
よく溶いた卵に燗酒を注げば完成です。卵酒は風邪に効くと言われていますが、実は今のところその認められていません。しかし、卵白にはいくらかの殺菌作用が含まれており、昔から治療法のひとつとされていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です